iDeCo(イデコ)で18ヶ月の資産運用を行った結果【実績報告】

この記事は約4分で読めます。

巷では老後2000万円問題とか聞きますね。

筆者も老後に不安を抱える一人として、何かの助けになればとiDeCo(イデコ)をはじめてみました。

iDeCoが気になって調べている方はいると思いますが、実際儲かるのか?メリットはあった?デメリットは?

そのあたりを実際に行って1年半ほど経過したので途中経過として残しておこうと思います。

※ iDeCo(個人型確定拠出年金)の詳細、メリットやデメリットは様々なWebサイトで紹介されていますので割愛させて頂きます。

iDeCo資産運用18ヶ月の詳細

  • 運用 SBI証券
  • 拠出金 12000円(15か月)、15000円(3か月)の合計225000円。
  • 運用商品 国内株式、国内債券、国内不動産投信、国内その他資産、海外株式、海外債券、海外不動産投信、内外株式、内外不動産投信、内外資産複合とバランスタイプ。(割合は画像を参照してください。)
  • 商品選択は安定していること、運用手数料が安いことを条件としました。

拠出金については、個人年金も契約していたのですが、それを解約して途中からiDeCoに回して増額しています。

iDeCo資産運用18ヶ月の途中経過

1年半ほど運用してきましたが、開始直後は手数料で3000円もかかるので数か月マイナスの表示がされ続けて気持ちが沈みました…。

それでも掛け金が増えるにつれ、運用利益で少しずつマイナスが縮小し、1年ほどでプラスマイナス0まで回復しました。

それでも世界経済の影響で大きく変動するので細かくチェックするのはオススメしませんね…。(筆者の運用商品の場合は海外投資も多めに入れているため。)

数十年単位の投資になるので1か月に1回程度のチェックで良いと思います。

現在は完全に黒字に転換し、損益13085円、損益率5.8%と驚異的な数値となっています。

 

iDeCoで資産運用を18ヶ月行った感想

ひとまずは黒字化したのでほっとしました。

赤字でも長期運用なので気にしないつもりですが、やはり黒と赤では黒字のほうが気持ちが楽になります。

開始するタイミングや選択する商品によりますが、1年半という短期間で黒字化は可能ですね。

 

メリットやデメリットについて筆者の感想。

メリット

  • 所得税、住民税が安くなる。 > 安くなったような気がする。
  • 運用益に税金がかからない。 > 預け先で起こることで利益と感じにくい。
  • 受け取るときに控除がある。 > 数十年先のことなのでわからないです。

所得税や住民税は軽減されていると思うのですが、毎月家計簿でもつけていないと気付かないレベルですね。

筆者は家計簿やってますので、あー…少しは安くなっているかも?という程度です。

他にも控除の申告が多く、所得が少ない人…なのでメリットがいかせていないですね。

ただ、iDeCoはやってみる価値はあります。

運用益の税金に関してはiDeCo資産運用を十数年続けると大きくなってくると思います。

受け取るときは今は気にするときではないですね。

要は投資信託なので、投資信託してる方はiDeCoに変更したほうがメリット大きいと思います。

 

デメリット

  • 60歳まで受け取れない。 > そもそも老後を意識して預けているので…。
  • 手数料がかかる。 > 口座開設手数料は大きかったが毎月の手数料は気にならない。
  • 元本保証されない。 > 資産運用では当然のリスクですし、承知の上です。

60歳まで受け取れないのは強制貯金のように扱えてむしろメリットと思うんですけど…。

掛け金も毎月強制的に徴収されるのが辛い場合は引き落とし口座を専用に用意しましょう。毎月か数か月分を入金して引き落としてもらい、予定外のちょっとした出費で掛け金を出せない場合は不履行にしてしまえば良いです。罰則はなく、貴重なメリットが損失するだけですので(そのような状況になる方は正直iDeCoとかの資産運用より自己管理からです…)。

毎月の手数料も12000円掛け金としていると気にならないですね。

元本保証は人生何があるかわかりませんので、利益が出るように自分が悩んで考えて頑張るべきです。どうしてもという場合は定期預金という非常に安全な商品もあるので、そちらを選択して掛け金控除のメリットを受けましょう。

デメリットに反発するように書きましたが、筆者は安全そうな商品を選んだだけ、それでも黒字化するので良い資産運用の対象と思います。

 

最後に…

本記事を読んで実際に開始しても利益が出る保証はありません。

筆者と同じ運用商品を選んでも状況が違えば結果は全く別のものとなります。

あくまで、iDeCoを実際に1年半運用した人の結果にすぎませんので、資産運用は自己責任でお願いいたします。

また、記事の内容に誤りがあればご指摘のほど、宜しくお願いいたします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました